長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だっ立と思います。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療をはじめてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えていいですね。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療をおこなう歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。

痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。インプラント治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聞く左右する治療法とされています。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じると言われています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫っ立ところを舌などで刺激しないようじっと耐えて下さい。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療をうけましょう。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどうちがうのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。

それに対して、インプラントというのは、インプラント体などといわれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特性であると言えるでしょう。

理由は様々ですが、願望すれば必ずインプラント治療をうけられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。